ひとつ前に戻る

日本語  English  

製品情報タイトル

用途別による分類一覧

  1. 磁気ヘッド研磨砥石
  2. グラビアロール砥石(グラビア印刷用銅シリンダー)
  3. 超精密仕上用砥石
  4. ダイヤモンド工具用ドレッサー
  5. 各種フイルター
  6. ホーニング砥石
  7. 軟質金属研磨用砥石
  8. 非金属研磨用砥石
  9. 一般研削用砥石
  10. 重研削、粗研削砥石

■磁気ヘッド研磨砥石
磁気ヘッド研磨砥石の写真 粒度 #150〜#6,000
製法 ビトリファイド製法、レジノイド製法およびPVA製法
用途 VTR、オーディオ、カードリーダーなどのコアおよびヘッドの研削ならびに鏡面研磨
特徴 殆どの材質および複合材料に対応し、かつ高精度の仕上研磨に最適

■グラビアロール研磨用砥石
グラビアロール研磨用砥石の写真 粒度 #150〜#6,000
製法 レジノイド製法、PVA製法
用途 銅メッキロールの研削および光沢ある表面研磨あるいは落版工程に使用
特徴 研削性に優れ、高精度の仕上面を形成することができ、かつ耐磨耗性にも優れている

■超精密仕上用砥石
超精密仕上用砥石の写真 粒度 #220〜#10,000
製法 PVA製法、レジノイド製法
用途 金属、非金属から造りだされる超精密加工製品の研磨分野に適応。例えば非金属ではレンズ、石材、プラスチック、光ファイバー用コネクターの研磨など
特徴 均質な弾性組織を持ち、加工精度が良く、面粗度も極めて良好で、目詰まりもなく光沢のある鏡面が得られる。製造サイズや形状は、お客様の二一ズに合わせて任意に製作することが可能

■ダイヤモンドエ具用ドレッサー
ダイヤモンドエ具用ドレッサーの写真 粒度 #80〜#4,000
製法 ビトリファイド製法、レジノイド製法
用途 メタルボンド、レジンボンドなどを使用しているダイヤモンドおよびCBNホイルのドレッサーならびにツルーイング用として最適
特徴 粒度、硬度、寸法、形状などお客様の多様な要求にも迅速に対応可能

■各種フィルター
各種フィルターの写真 粒度 #36〜#1,000
製法 ビトリファイド製法
用途 各種フィルター、ガス分析用、水質検査用、土質検査用、ポーラスチャック、エアーストンおよびミストストンなど広い分野での使用も可能
特徴 均質な組織を保ち、硬度、形状に関係なく安定した性能を確保できる。

■ホーニング用砥石
ホーニング用砥石の写真 粒度 #36〜#800
製法 ビトリファイド製法
用途 シリンダー類の内面研削
特徴 ワークの材質、加工精度に応じた製作設計が可能

■軟質金属研磨用砥石
軟質金属研磨用砥石の写真 粒度 #36〜#6,000
製法 ビトリファイド製法、レジノイド製法およびPVA製法
用途 アルミニューム、銅(真鍮、砲金も含む)、ステンレスなどの加工部品の研削研磨に利用
特徴 粒硬度および組織などを微細にコントロールすると同時に、ワークに対応して砥石に多孔性を形成させることで、軟質金属特有の「ねばり」を克服し、目詰まりのない滑らかな研削研磨面を造りだすことができる
軟質金属研磨用砥石の写真

■非金属研磨用砥石
非金属研磨用砥石の写真 粒度 #46〜#2,000
製法 ビトリファイド製法、レジノイド製法およびPVA製法
用途 樹脂、ラバー、ガラスおよび石材などその他の非金属材料の研削研磨に最適
特徴 弊社の技術を最大限に発揮することで、この種の研削研磨で必ず起こり得る目詰まり問題を克服できたことで、長時間安定した研削性能を維持できることが最大の特徴。したがって加工物の研削研磨面に「ムシリ」「ヤケ」「カケ」なども発生することもなく、滑らかな仕上がり面を形成させることができる
非金属研磨用砥石の写真 非金属研磨用砥石の写真 非金属研磨用砥石の写真 非金属研磨用砥石の写真 非金属研磨用砥石の写真

■一般研削用砥石
一般研削用砥石の写真 粒度 #36〜#150
製法 ビトリファイド製法、レジノイド製法
用途 円筒研削、平面研削、心無研削、内面研削およびその他の自由研削に対応
特徴 ワークに対応して砥材、粒度、組織、結合度などをベストコンデションまで調整して最適な研削性能を発揮

■重研削、粗研削用砥石
重研削、粗研削用砥石の写真 粒度 #24〜#60
製法 ビトリファイド製法、レジノイド製法
用途 鋼材のバリ取り作業、成形作業および粗研削作業に対応
特徴 ビトリファイド研削砥石およびレジノイド研削砥石が主体で、高性能、高研削性を発揮

▲ページのトップへ戻る